毛とホルモンの関係

毛とホルモンの関係

脱毛

毛の太さや長さ、密度などは個人差があります。生えてくる毛の数は胎児のときに決まっていますので、生まれてから変化することはありません。しかし、毛はホルモンと密接に関わっており、特に男性ホルモンによって濃さや太さに変化が出てくることがあります。

 

思春期になると体毛が濃くなることは皆様ご存知でしょう。それは、男性ホルモンのアンドロゲンの分泌が影響しています。アンドロゲンは毛乳頭を刺激して、毛母細胞の分裂を活発化させます。また、アンドロゲンは皮膚腺の拡大を促すため皮脂の分泌量が多くなり、ニキビができる原因にもなります。一方、更年期になると女性ホルモンのエストロゲンの分泌量が減り、男性ホルモンの影響が強くなるため、毛が濃くなることがあります。また、出産後もホルモンバランスが崩れることがあり、体毛に影響が出ることもあります。このように私たちの体には、女性ホルモンと男性ホルモンが存在しており、さまざまな要因で毛に影響を与えます。

 

また、私たちはほとんど意識しませんが、毛には性毛と無性毛の2種類があります。無性毛はホルモンにあまり影響されない毛のことで、足や腕などの毛です。個人差はありますが、毛が細く生える向きが揃っているのが特徴です。性毛に比べると毛周期も短いため、脱毛する場合短期間で終えることができます。脇毛や陰毛などが性毛で、ホルモンに影響されやすい毛であると言われています。この性毛は太くて濃い、毛が生えている向きも揃っていない、毛周期が長いことが特徴です。太い毛は毛根がしっかりしており、また毛周期も長いため、脱毛には時間がかかります。