毛 自己処理法

毛の自己処理法

脱毛

毛の自己処理の方法には、大別すると「溶かす」「色を抜く」「剃る」「抜く」の4種類があります。その中で最も多くの方が実践しているのが「剃る」ではないでしょうか。カミソリやシェイバーで剃ることは、部位を選ばず、時間もコストもかからず、痛みがほとんどないことがメリットです。しかし、すぐ新しい毛が生えてきますし、剃った後チクチクしてしまうなどのデメリットがあります。剃る時の注意点は、保湿をしっかりとすることです。剃ると毛だけではなく皮膚の表面も削ります。これが乾燥や炎症の原因となります。そして、毛の流れに沿って剃ることです。逆剃りは毛を深く剃ることができますが、同時に肌を深く傷つけてしまいます。

 

処理の効果が一番長持ちするのは、「抜く」です。しかし、痛みを伴い、時間もかかる、埋没毛になりやすいなどデメリットが多く、肌へのダメージが大きいです。少しでも肌への負担を軽減させるためには、入浴後に抜くことをおすすめします。入浴後は毛穴が開くので抜きやすく、痛みも減ります。

 

「溶かす」は毛の主成分がアルカリ性に弱いタンパク質であることを利用したものです。除毛クリームがその例です。メリットは簡単に一度で広範囲を処理できることです。しかし、肌に合わない場合はかぶれや肌荒れの原因になりますし、毛と一緒に肌の表面の保護膜も溶かしてしまうデメリットがあります。

 

「脱色」は表面に出ている毛の色を薄くして目立たなくする方法です。毛が細い方向けで肌に合えばダメージは最小限にできます。しかし、毛が伸びてくると不自然になってしまします。
毛や肌の状態で自分に合った自己処理法を選びましょう。